業務用スチールラック・スチール棚の専門店アットスチール
06-6781-5155

2021年2月より、提携工場との協力でコストダウンを実現した新シリーズ(YSシリーズ)が耐荷重120kg・300kg・500kgのモデルにて登場しました。
旧シリーズ(SOシリーズ)の耐荷重120kg・300kg・500kgモデルをご購入いただいていたお客様は、こちらにて今後もご購入いただくことが出来ます。

部材案内(軽量スチールラック 耐荷重120kgタイプ)

ホームセンターなどでも取り扱われていることが多い定番スチールラックのため、どこで購入しても同じと思われがちですが、一見するだけではわからない小さな改善を重ねています。

部材のみの購入も可能です。【注文手続き】または【見積り依頼】にて必要な数量をご指定ください。→注文・お見積りへ

耐荷重500㎏のボルトレス棚の実寸図

支柱

1台あたり:4本

おなじみ形状である1回折りL型支柱です。「汎用性の高いシンプルな形状」と「安価でありながら丈夫な特性」から、スチールラックの支柱としてではなくアングル材として広く使われており、弊社でも「天つなぎ」などの施工時にアングル材として使用します。

棚板

1台あたり:段数分 [4段=4枚]

弊社取り扱いスチールラックでは、最も耐荷重の低いタイプではありますが、裏面には極太の補強があり、前面と背面部分には複雑な折り曲げ加工が施されるなど、業務用として使われることを前提とした設計の棚板です。

コーナープレート

1台あたり:8個

ダブル型コーナープレートにリニューアルされ、バラバラだった2枚を90度の角度で結合した形になりました。取り付け後の見た目だけでは違いが分かりにくいですが、旧バージョンよりも格段に取り付けやすくなりました。

ベースプレート

1台あたり:4個

床を傷つけにくく、丈夫で長持ちする金属製のベースプレート。

ボルト&ナット

 

ボルト固定式のスチールラックではボルトとナットが作業時間を長くする原因です。そこでデメリットを少しでも改善するために、フランジナットを採用し、ワッシャーを不要にしました。さらにフランジにはセレートと呼ばれる緩み防止加工が施され、安全性を高めると同時にメンテナンスの手間も減らしています。

BCフック

1台あたり:中段の棚板枚数×4

もう少し手軽に軽量スチールラックを使いたいという声に、簡易棚受け金具をご用意しています。中段をフックでも取り付けることが可能になり、組み立て時間の軽減や棚板の高さ変更が素早く行えるなどのメリットがあります。(無料オプション品)
※BCフックでの使用の場合、耐荷重は100kg/段となります。

▲ ページトップへ