2021年2月より、提携工場との協力でコストダウンを実現した新シリーズ(YSシリーズ)が耐荷重120kgのモデルにて登場しました。
旧シリーズ(SOシリーズ)の耐荷重120kgモデルをご購入いただいていたお客様は、こちらにて今後もご購入いただくことが出来ます。

軽量ラックの組み立て方
(軽量スチールラック 耐荷重120kgタイプ)

支柱と棚板を金具で固定するというシンプルなラックです。フック止めとボルト固定の2通りの組立方法があり、用途に合わせてお選びいただけます。※組立時は、ドライバーと10mmスパナをご用意ください。

  • 軽中量スチール棚の耐荷重

    全てボルトで固定組立時間
    約60分

    はじめて組立てる方と、慣れた方とでは
    組立時間が多少前後いたします。記載時間は2人で組立てた場合の組立て時間です。

  • 軽中量スチール棚の耐荷重

    フック併用で固定組立時間
    約40分

    無料でお付けしている固定用フックをご利用いただくと、必要なボルト数が大幅に減るため、組立時間を短縮できます。

  • 軽中量スチール棚の耐荷重

    推奨人数
    2人~

    1人では難しい組立工程があるため、スムーズな組立てには2人以上での組立てをおすすめしています。

  • 軽中量スチール棚の耐荷重

    組立方法ダウンロード

    組立ての際印刷してお持ちいただきやすいようにPDFファイルの解説書をご用意しました。

2種類の組立て方より
お選びいただけます

ボルトでの棚板固定イメージ

通常のスチールラックの組立て方になります。一段一段ボルトにて固定するため、組立てには時間がかかりますが、頻繁に棚板の高さ変更を行う必要が無ければ、棚板をしっかりと固定でき、より安定感が増します。
また、当店でお買い求め頂いた場合に付属している棚板固定用フックをご利用頂くと、組立てが簡単になり、組立て時間も短縮できます。

Step1 「支柱」に最上段・最下段の「棚板」を取り付ける

支柱に最上段の棚板固定完了イメージ
STEP1で必要な部材
支柱
支柱 × 2
棚板
棚板 × 2
脚先金具
脚先金具 × 2
コーナープレート
コーナープレート
× 4
ボルト&ナット
ボルト&ナット
× 24

最上段の棚板をボルトで取り付ける

最上段の棚板の取付手順
  • 2本の支柱を並べ、最上段の位置へ棚板を置く
  • 支柱と棚板の間にコーナープレートを差し込む
  • ボルトとナットで仮止めする ※手締め可

最下段の棚板をボルトで取り付ける

最下段の棚板の取付手順
  • 最下段の位置で棚板とコーナープレートをボルトで仮止めする ※手締め可
  • 脚部分のボルト固定時には、脚先金具を支柱の外側より当てます
  • 脚先金具も同時にボルトとナットで仮止めする ※手締め可

改善!組立て易くなったコーナープレート

通常2枚に分かれているコーナープレートを、1枚の直角に曲げられたプレートにすることで、より組立て易さが向上しました。

Step2 中段の「棚板」を取り付ける

支柱に最上段の棚板固定完了イメージ
STEP2で必要な部材
支柱
支柱 × 2
棚板
棚板 × 2
脚先金具
脚先金具 × 2
コーナープレート
コーナープレート
× 4
ボルト&ナット
ボルト&ナット
× 40

最下段の棚板の取り付ける際に、ベースプレートも取り付ける

中段の取り付け
  • 中段の取り付け位置に棚板を置く
  • ボルトとナットで仮止めする ※手締め可
  • 全ての棚板を取り付けたら、残り2本の支柱と金具類をボルトで仮止めする ※手締め可

Step3 ボルトの本締めをする

支柱に最上段の棚板固定完了イメージ
STEP3で必要な部材

STEP3にて新しく使用する部材はありません。

全体のバランスを整えながらボルトの本締めをする

ボルトの本締め
  • ゆっくりと棚を起こします
    起こした直後はボルトの緩みにより傾きます
  • 全体のバランスを整えながら、最上段と最下段のボルトを本締めします
  • 全てのボルトを本締めできたら完成です

スチールラックを歪ませない棚板固定のコツ

棚板の固定方法によっては、棚板が水平にならないだけでなくスチールラック全体をゆがませてしまう原因になることがあります。そこで次の2つの点に注意して棚板の固定を行ってください。

まず、スチールラックを起こしてすぐにボルトを締めてはいけません。棚板が水平になっていないことがあるからです。必ず棚板の四方を軽くたたいて水平になっているか確認してください。

次にボルトの締める順序によって、大きくゆがんでしまうことがあります。水平に歪みなく棚板を取り付けるには、左記の数字の順に対角線上のボルトを締めることで軽減できます。

完成!

当店のスチールラック(アングル棚)は、当店でお買い求めいただいたお客様に無料にて付属しているBCフックにて中段の棚板を固定して頂くセミボルトレスラックとして組立て・ご使用頂くことも可能となっております。BCフックにて組立て頂くことで、組立て方法が簡単になり、組立て時間も大幅に短縮できます。(ボルトを1本も使うことなく組み立てられるボルトレスラックも当店にて取り扱っております。)

ボルトでの棚板固定イメージ

Step1 「支柱」に最上段・最下段の「棚板」を取り付ける

支柱に最上段の棚板固定完了イメージ
STEP1で必要な部材
支柱
支柱 × 4
棚板
棚板 × 4
脚先金具
脚先金具 × 4
コーナープレート
コーナープレート
× 8
ボルト&ナット
ボルト&ナット
× 48

最上段の棚板をボルトで取り付ける

最上段の棚板の取付手順
  • 2本の支柱を並べ、最上段の位置へ棚板を置く
  • 支柱と棚板の間にコーナープレートを差し込む
  • ボルトとナットで仮止めする ※手締め可

最下段の棚板をボルトで取り付ける

最下段の棚板の取付手順
  • 最下段の位置で棚板とコーナープレートをボルトで仮止めする ※手締め可
  • 脚部分のボルト固定時には、脚先金具を支柱の外側より当てます
  • 脚先金具も同時にボルトとナットで仮止めする
    上下の棚板を取り付けたら、残り2本の支柱と金具類をボルトで仮止めする

改善!組立て易くなったコーナープレート

通常2枚に分かれているコーナープレートを、1枚の直角に曲げられたプレートにすることで、より組立て易さが向上しました。

Step2 ボルトの本締めをする

支柱に最上段の棚板固定完了イメージ
STEP2で必要な部材

STEP2にて新しく使用する部材はありません。

最上段と最下段のボルトを本締めする

最上段の棚板の取付手順
  • ゆっくりと棚を起こします
    起こした直後はボルトの緩みにより傾きます
  • 全体のバランスを整えながら、最上段と最下段のボルトを本締めします
  • バランスを確認しながら少しずつ増し締めしてください

Step3 中段の「棚板」を取り付ける

完成イメージ
STEP3で必要な部材
棚板
棚板 × 2
BCフック
BCフック × 8

中段の棚板をBCフックで取り付ける

※BCフックでの使用の場合、耐荷重は100kg/段となります。

中段の棚板の取付手順
  • 中段の取り付け位置にBCフックを取り付ける
    ※1段あたりフック4個
  • 棚板を傾けて柱の内側に入れる
  • BCフックに棚板を引っ掛けて完成

完成!

▼ ▼ ▼

サイズを指定して価格を検索する

お客様に安心してご注文頂くために

  • ボルトレス・セミボルトレス購入特典

    ボルトレス・セミボルトレスラックをご購入のお客様へ組み立てに便利なゴムハンマーを通常価格1,100円のところ50%OFFの550円にてご購入いただけます。→商品詳細

  • あんしん返品保証

    あんしん返品保証はご自身でスチールラックが組み立てられなかった場合、負担ゼロで返品できる保証です。
    →保証内容詳細はこちら

  • スチールラックは10年保証付き

    長く安心してお使いいただけるように、弊社で販売している耐荷重120kg~500kgのスチールラックは、破損により使用不可となった部材を無償交換出来るメーカー10年保証付き。

  • 組み立て代行サービス

    スチール棚は組み立てが必要な商品ですが、弊社にて組立て代行業者をご用意することが出来ます。女性だけのオフィスや大量注文もお任せください。
    ※別途お見積り/大量購入向け

  • 特殊設置施工対応OK

    地震などによる転倒のリスクを軽減する床固定・壁固定・天つなぎなどの施工のご依頼も受け付けております。
    ※別途お見積り

  • 営業担当者による現地確認OK

    経験豊富な担当者が設置予定の現場を確認させていただくことも可能です。
    ※地域等の条件によりお受けできない場合もあります

  • FAX注文・見積もりに対応

    ご注文・お見積り依頼方法は、お客様のご都合に合わせてインターネットまたはFAXのどちらかをご選択ください。
    ※FAX用紙はダウンロード可能

  • 日本全国・エンドユーザー様宛もOK

    お届け先がエンドユーザー様の場合にもお届け可能ですので、工務店などの仲介業者様にもご活用いただきやすいです。もちろん日本全国のお届けに対応。

  • 各部材の購入OK

    スチールラックをご購入後に「棚板を増やしたい」「増連タイプを単体設置で使用したい」といった場合も、必要な部材だけを追加購入することが出来ます。

  • 後払い・クレジット決済対応

    銀行振込とクレジット決済にてお支払い頂けます。また、後払い(請求書払い)にも対応していますので、ご相談ください。
    ※後払いは要審査/法人様のみ

  • 1年後などの長期計画でのご相談もOK

    倉庫の新設、オフィスの移転予定など、今すぐ購入しない場合でも、大まかな金額のお見積りやレイアウトの相談などに対応させていただきます。

  • お見積り無料

    お見積りはインターネット・FAXにて受け付けております。何度でも無料ですので、弊社にご興味をお持ちいただけましたら、ぜひお見積りください。

▼ ▼ ▼
  • スチールラック設置事例
  • 転倒・落下を防ぐ安全対策
  • 作業効率を高める倉庫レイアウト