業務用スチールラック・スチール棚の専門店アットスチールお問い合わせ情報06-6781-5155

中量スチール棚(中量ボルトレスラック)

中量スチールラックの耐荷重
耐荷重500s/段 中量ボルトレス・スチールラック

棚板1枚の耐荷重が500sの中量スチール棚は、収納物の重量をほとんど気にすることなく積載出来る強度がある為、倉庫や工場を中心に業務用として広くご活用頂いております。耐荷重が高いほど組立てに特殊な技術や大規模な施工が必要となることが多いですが、弊社の中量スチール棚は、高い強度を持ちながらハンマー1本で簡単に組立てられる為、大型倉庫などの大量購入を必要とするお客様に喜ばれています。

  • ワンランク上の強度!
    大型倉庫・物流倉庫に最適

    重量をあまり気にする必要が無い中量棚は、様々な重量の収納物を保管・整理する必要のある大型倉庫・物流倉庫を中心に活用頂いています。

  • 工具や機械部品などの
    重量物が多い工場に人気

    通常のスチール棚では耐えきれない重量物が多い工場・作業場にて、特殊な工具の整理や金属部品の保管ご利用頂くことが多いです。

  • 教育機関・医療機関などの
    専門機関でも幅広く活用

    重量物であることの多い精密機器・専門機材などを積載する目的で病院や大学といった医療機関・研究機関・教育機関などでもご利用頂いています。

短時間でお手本のようなスチールラックが完成!

組立時間が大幅短縮

耐荷重500s/段というのは、高い耐荷重に分類されるスチールラックですが、弊社の中量ラックは組み立て時に「高度な技術」や「特殊な工具」は不要なため、一般の方にも組み立てやすい構造です。

安価なラックやホームセンターでも売られていることが多い一般向けのスチールラックの中には、組み立てに非常に時間がかかるものがありますが、弊社の中量ラックであれば組立時間も大幅に短縮できます。

6段のスチールラックの場合のボルト数の比較例

組立時間短縮の秘密はボルト数

組立てが簡単で短時間で行える理由は、ボルトを1本も使わず組み立てられるボルトレスラックだからです。

ボルトにて固定するタイプのラックは、1台組み立てるのに、100本近く必要になる場合もあります。

しかし弊社の中量ラックは部材の固定にボルトを使用せず、爪と穴をハンマーでたたき合わせて固定するため、ボルト固定に比べ大幅に時間が短縮できます。

6段のスチールラックの場合のボルト数の比較例

誰が組み立ててもお手本レベル

時間がかかるとしてもボルトで固定する方が頑丈でしっかりした製品のように感じる方もいらっしゃると思いますが、実はボルトで固定する従来の組立て方法では、完成時に歪みやグラつきが発生することは珍しくありません。

なぜなら組み立てには仮止め、ボルト締めの順序、締める強さ、ラックの歪み確認、締め直し、締め忘れの確認など、必要とされる技術や知識が多く必要だからです。

しかし、弊社の中量スチールラックであれば、はじめて組み立てる方も不慣れな方も、お手本のように歪みがなく、頑丈なスチールラックが完成します。

6段のスチールラックの場合のボルト数の比較例

倉庫の効率化をスチールラックで始めよう

使い始めて最初に感じる不満を解消

使い始めて最初に感じる不満は棚板の高さです。

「もう一段、高ければ・・・」というように棚板の高さが組立て時には気づけない微妙な使いにくさの原因になることがあるからです。

弊社の中量ラックでは棚板の高さ変更や増減には、「工具」も「技術」も必要ありません。1分ほどで可能なため、使用状況や収納物の変化に合わせた棚板構成の変更も可能です。

 

6段のスチールラックの場合のボルト数の比較例

素早い変更が収納力を向上させる

棚板をボルトで固定しているスチールラックは、そもそも棚板構成の変更には適していません。ボルトの紛失やネジ穴をつぶすリスクだけでなく、壁際での設置ではスチールラックを移動しなければボルトを緩めることすら出来ません。

そのため、柔軟に棚板構成を変更することは難しく、無駄なスペースを発生させ、倉庫環境の悪化を招きやすいといえます。

しかし、状況に合わせて棚板構成を柔軟に変更することが出来れば、収納効率や作業効率を高めやすく、倉庫環境を良い状態に保つことが出来ます。

棚板の高さ変更の手順

倉庫用の棚なら連結機能は必須です

小さな違いで「節約」と「削減」を

複数台の中量棚ラックをご購入いただける場合に「連結」機能をご利用いただくと、「購入費用の節約」や「スペースの削減」が出来ます。

その他にも、組立時間が短縮されたり、見た目もスッキリとした印象にもなるなどメリットが豊富にあります。

デメリットはレイアウトの変更の際に、増連タイプは連結させなくては使用できないことですが、必要に応じて支柱を買い足していただければ、増連タイプも単体タイプとしてご使用いただけます。

※高さ、奥行きが同じ場合に連結が可能です。

6段のスチールラックの場合のボルト数の比較例

小さな倉庫でも効果は大きい

連結の条件は、高さ、奥行が同じ場合に限りますが、スチールラックは横並びで設置することが多いため、右図のような決して大きな倉庫ではない場合でも、15台中10台が、お買い得な増連タイプです。

 

 

6段のスチールラックの場合のボルト数の比較例

丈夫な棚には「技術」と「アイデア」がある

オプション品を組み合わせて使いやすさアップ

お客様に安心してご注文頂くために

些細なことでもお気軽にご相談ください

ご検討中に不安に思われたことや、疑問に思ったことがございましたら、どんな些細なことでもメール・電話にてお気軽にご相談ください。

スチールラック
簡単検索ツール
耐荷重 高さ 横幅 奥行き 棚板数 形式 台数
耐荷重 高さ 横幅 奥行き 棚板数 形式 色 台数
120s/段
150s/段
200s/段
300s/段
500s/段
700mm
900mm
1200mm
1500mm
1800mm
2100mm
2400mm
900mm
1200mm
1500mm
1800mm
300mm
450mm
600mm
700mm
900mm

天板を含む枚数
段数のイメージ
単体
増連
ホワイトグレー
グリーン
 
▲ ページトップへ
06-6781-5155
営業時間 9:00 〜 18:00(土日祝は除く)
※その他の定休日は「お知らせ」よりご確認ください。