業務用スチールラック・スチール棚の専門店アットスチール
06-6781-5155

2021年2月より、提携工場との協力でコストダウンを実現した新シリーズ(YSシリーズ)が耐荷重120kg・300kg・500kgのモデルにて登場しました。
旧シリーズ(SOシリーズ)の耐荷重120kg・300kg・500kgモデルをご購入いただいていたお客様は、こちらにて今後もご購入いただくことが出来ます。

中量ラックの組み立て方(中量スチールラック 耐荷重300kgタイプ)

弊社で取り扱っている耐荷重300㎏/段のスチールラックはボルトレスラックと呼ばれ、高い耐荷重でありながらボルトによる固定が不要なため、従来のスチールラックと違い、組み立てやすく、組立て時間も大幅に削減できます。

STEP1 「支柱」に「ベース」を取り付ける

支柱にベースキャップを取り付け完了イメージ
STEP1で必要な部材
支柱
支柱 × 4
ベースキャップ
ベース × 4

ベースを叩き入れる

ベースキャップの取付手順
  1. 支柱の脚に、ベースをあてる
  2. 手で押さえながら、ハンマーで軽く叩く
  3. ベースが奥まではまればOK

「支柱の上下」「ベースの向き」を確認する

支柱の上下の確認方法

【支柱の上下】
ベースを取り付ける際は、支柱の下となる先端にベースを取り付けます。上下の確認は鍵穴タイプの支柱穴の形が、左記の写真のように下が細くなる向きが正しい上下です。

【ベースの向き】
左記の写真の支柱とベースの向きにて取り付けが可能となります。ベースの爪が支柱の四角い穴にはまります。

STEP2 「天地棚受け」を取り付ける

支柱に天受けと棚受けを取り付けたイメージ
STEP2で必要な部材
天受け
天地棚受け × 4
棚受け
安全ピン × 8

支柱の両端を天地棚受けで固定する

天受けの取付手順
  1. 天地棚受けの爪と鍵穴状の支柱穴を合わせる。
  2. ゴムハンマーで叩き入れる。
  3. 組立て途中で天地棚受けが外れないように、安全ピンを差し込みます。

STEP3「継ぎ梁(ビーム)」を取り付ける

継ぎ梁(ビーム)の取り付け完了イメージ
STEP3で必要な部材
継ぎ梁(ビーム)
継ぎ梁(ビーム) × 4
安全ピン
安全ピン × 8

継ぎ梁(ビーム)を取り付ける  (2人での作業を推奨しています)

継ぎ梁(ビーム)の取付手順
  1. ビームの爪と間口側の支柱穴を合わせる。
  2. ゴムハンマーで上から叩き入れる
  3. 安全ピンを入れる。

天地受けが「内側」になるようにビームを取り付ける

ビームを最後までしっかりと固定する

天地棚受けを外側になるように継ぎ梁(ビーム)を取り付けてしまうと間違いです。

必ず、天地棚受けが内側になるように継ぎ梁(ビーム)で支柱を固定してください。

内側の天地受けが棚受けの役割も兼用し、スチール棚全体をしっかりと支えてくれます。

STEP4「棚受け」を取り付ける

棚板の取付完了イメージ
STEP4で必要な部材
棚板
棚受け × 4( 4段の場合)

ご希望の高さに棚受けを取り付ける

棚板の取付手順
  1. 棚受け上部の爪を支柱穴に差し込む
  2. そのまま棚受けを下方向へ回転させる
  3. ゴムハンマーを使うことなく取付完了

STEP5「棚板」を取り付ける

棚板の取付完了イメージ
STEP4で必要な部材
棚板
棚板 × 4( 4段の場合)

※奥行870の場合は、1段につき棚板2枚の「割板」仕様となります。

棚板を棚受けに載せる

棚板の取付手順
  1. 棚板の前方を棚受け・天受けに乗せる
  2. そのまま滑らせるように前方へ
  3. 手前をゆっくりと下げる
次へ
完成
▲ ページトップへ