業務用スチールラック・スチール棚の専門店アットスチール
06-6781-5155

新型コロナウイルスの影響により、現在電話受付業務を縮小して対応しております。お電話が繋がりにくい事がございますがご理解賜りますようお願い申し上げます。

背面・側面からの落下を防ぐ
取付簡単な「金網」

柱と棚板によって構成されるオープンタイプの収納設備は、光や風を通すため圧迫感が少なく、積載物の確認や出し入れがしやすいことがメリットの一つですが、そのメリットが荷物の落下などにつながり、逆に使いにくさを招いてしまうこともあります。そこで、背面と側面を金網で覆うことで、荷物の出し入れのしやすさはそのままに、積載物の確認が容易で、圧迫感が出にくいというオープンタイプのスチールラックのメリットを残した使用が可能です。

オープンラックの良さを残しつつ、
落下リスクを下げる金網

金網を背面と側面に取り付けるだけで、収納物の確認や出し入れがしやすいスチールラックのメリットをそのままに、収納物の落下・こぼれを防止します。

解放感と機能性を考えた
約24mm間隔の網目

金網越しでも収納物の確認ができ、光や空気も十分に通しながら、しっかりと収納物を支えるのに最もバランスの良いとされる24mm間隔の金網です。

金網の取り付け

背面1枚、側面2枚が基本の枚数

スチールラックの背面と側面の3面に取り付けるのが基本の取り付け枚数ですが、組み合わせは自由です。

「壁際に設置するから側面だけほしい」
「連結部分の側面金網はいらない」

というように、ご使用方法によって組み合わせは自由にお選びいただけます。

取付方法はインシュロック

取付けは付属のインシュロックにて取り付けします。簡易的な取り付け方法とはなりますが、安価でありながら、強固な固定が可能です。

金網 (背面・側面タイプ)

【注意事項】
※弊社にてご購入いただいたスチールラック以外への取り付けを前提としたご購入の場合、取り付けができない場合でも返品対応は致しかねます。
▲ ページトップへ