業務用スチールラック・スチール棚の専門店アットスチール
06-6781-5155

2021年2月より、提携工場との協力でコストダウンを実現した新シリーズ(YSシリーズ)が耐荷重120kg・300kg・500kgのモデルにて登場しました。
旧シリーズ(SOシリーズ)の耐荷重120kg・300kg・500kgモデルをご購入いただいていたお客様は、こちらにて今後もご購入いただくことが出来ます。

商品詳細(軽量スチールラック 耐荷重120kgタイプ)

軽量120kgラックの寸法・棚間隔・各部材の名称などの基本情報をまとめています。設置場所や積載する荷物などの条件と照らし合わせて、最適なスチールラックをお選びください。

耐荷重120㎏ 軽量スチールラック(スチール棚)のイメージ
耐荷重 120kg/段(1段あたりの耐荷重)
※均等荷重での耐荷重
※BCフックでの使用の場合、耐荷重は100kg/段となります。
サイズ(cm)
  • 高さ:90/120/150/180/210/240
  • 横幅:87.5/120/150/180
  • 奥行:30/45/60
素材 スチール(鉄)
塗装 メラミン焼付塗装
カラー ホワイトグレー
生産国 日本
段の変更 50ミリピッチにて上下に可能

各寸法図(単体)

軽量スチールラック(耐荷重120㎏)の寸法図1
軽量スチールラック(耐荷重120㎏)の寸法図2
高さ 呼称寸法 900 1200 1500 1800 2100 2400
外寸 902mm 1202mm 1502mm 1802mm 2102mm 2402mm
横幅 呼称寸法 875 1200 1500 1800
外寸 881mm 1206mm 1506mm 1806mm
棚板実寸 875mm 1200mm 1500mm 1800mm
奥行き 呼称寸法 300 450 600
外寸 306mm 456mm 606mm
棚板実寸 300mm 450mm 600mm  

記載寸法は支柱位置基準での外寸表示となります。ボルトの頭などの小さな出っ張りは含めていません。

棚板間隔の例

表の棚の間隔はあくまで一例です。実際は最上段と最下段以外は50ミリピッチで高さを自由に変えることができます。
棚板の数は棚板枚数が2枚での例もありますが、安全上のことを考えて棚板3枚以上でのご使用をおすすめしています。
表示されている枚数以上の棚板の取付も可能ですが、高さ変更がスムーズにできないなどの不都合が出る可能性があります。

軽量スチールラック(耐荷重120㎏)の部材構成図
軽量スチールラック(耐荷重120㎏)の部材写真
支柱 L字型に曲げ加工をし、50mm間隔で段位置変更が出来るように穴をあけております。 棚板 厚み36mmの平板です。(耐荷重は棚板一枚に対しての強度です)
ボルト 棚板と支柱を固定するためのボルトです。 コーナープレート 最上段、最下段の棚と支柱をボルトで固定する際に設置する強化プレートです。
BCフック 最上段と最下段以外の棚板の固定に、BCフックをご利用いただくと、棚板の高さ変更が簡単にできます。
※BCフックでの使用の場合、耐荷重は100kg/段となります。
ベースプレート 土台を支えるプレートです。支柱による床への傷付きを軽減します。
軽量スチールラック(耐荷重120㎏)の梱包例

部材ごとに小分け梱包されており、宅配の受け取りや設置場所までの移動が行いやすいです。ご注文内容によっては梱包資材の簡素化・帯鉄固定・パレット固定などの場合があります。

※写真は梱包の一例です。商品内容によってこの限りではありません。

▲ ページトップへ
06-6781-5155
受付時間 10:00 ~ 18:00(土日祝は除く)
※その他の定休日は「お知らせ」よりご確認ください。
  • 日本ラックシステム株式会社
  • タイガーラック株式会社